1998/06/07 高速道路脇の野宿

7/june/98 sun 曇り時々雨

鉄道のすぐ脇だったが、その音より寒さで夜中目が覚めた。
時々雨と風。このテントはもってくれるか?

the place which bivouacked — a railroad — immediately — the side — it was .
He awoke in the dead of night in cold rather than the sound of the railroad.
They are sometimes rain and a wind.
Do you have this tent?

リヤタイヤはパンクだった。まずは荷を外へ出し、テントをたたむ。
チューブにパッチを貼る。タイヤは1.5チューブは2.1。
タイヤを外すのに六角レンチを使った。

来た道を1kmぐらい戻り鉄道の向こう側の舗装を行く。
Tallong 綺麗な店。買い物帰りのおばちゃん達。

標高620m、どうりで寒いはずだ。 雲が多い空、雨粒がおちてきた。
ウィンドブレーカーからカッパの上着に着替える。

またHumeHWYに出てしまった。
Marulanという半分ゴーストタウンの綺麗な公園でゴミ捨て水補給。
そのまま北へ進んでいくと、トレーラーを引いた車が追い越して止まった。

そのおばちゃんが言うには、この先にはラビッシュTipしかないと言う。
Goulburnへ行きたいなら31号のHWYしかない。仕方なくHWYを行く。
走りやすいが旅の道ではない。POLICEも気になる。
まあ、捕まった時はその時さ。

風がとても冷たくなってきた。
昨日までとは違う。しかも時折雨まじり、冬の風、冬の雨。

HWY脇、木の陰に隠れるように休憩。
GoulburnでHWYから下り、街を走る。
街の入口と出口、北と南にそれぞれキャラバンパークがあった。

1/4チキンとチップスを買う。
休憩で食パンを4?5枚食ったけど寒いからもっと食いたい。
ここでは炭火でチキンをローストしていた。
今までで最高のローストチキンだ。骨まで食えそう。
チップスもスパイシーでうまい。

HWYが2つに別れる。
左 23 Federal HWY キャンベラへ。右 31 Hume HWY Yass へ。
雨が降ったり止んだり。
おおきな道はゆっくり上り下り遠く地平線まで延びている。
風がずっと向かい風だからスピードは全く出ない。

チーマのタイツを履いていたが膝が冷えてきた。
右膝が少し変。ニーウォーマーをつけて走る。

3時を過ぎると陽も傾いてくる。
ガードレールが途切れて脇へ入れる所を探しながら走る。
左は牧場、柵がある。道路との間の林の中にテントを張る。

今日は昨日よりもうるさい高速脇。
でも人が来る事はなく安心。コッフェルを外に出して水を溜める。
そろそろ食料を買わないといけない。両替はまだ出来ない。
S34’48.77 E149’26.26

走行距離:84.76km
走行時間:6’17″10
平均速度:13.4km/h
最高速度:43.3km/h

1/4チキン&チップス $4.70
コーラ600ml $2.00

合計:$6.70


自転車 ブログランキングへ

HOME:OUTBACK AUSTRALIA アウトバック・オーストラリア