1998/06/05 シドニー出発 Sydney departure

5/june/98 晴れ

The heavy waist is raised and it starts at last.
It became those with a paddle for which it waited, and a wonderful weather.
It comes out of 7:50 hotels and is to the direction of Central Station.
In NZ, although it had been running by full gear, it was unsteady suddenly, and in it, feeling has become blunt completely.

重い腰を上げやっとスタート。
待ったかいあり、素晴らしい天気になった。

7:50ホテルを出てセントラル駅の方へ。
NZではずっとフル装備で走っていたのに、いきなりふらついて
すっかり感覚が鈍っている。

スクールバスに前方を遮られて、右側から抜こうと思い左から右への切り返し、
バックさせたら右足がペダルから外れずそのまま立ち転け。

これでアウトバックまで行けるかなと不安になる。

40kmも走ると道は1車線になった。

しかし、まだCity近くのため車は多く、そのため路肩のダートを走ることになる。
しばらく雨が降っていたので柔らかい所もあり、細いタイヤは簡単に沈んでいく。

LeppingtonのTakeawayでエッグバーガーとオレンジジュースの昼食。
冷たいジュースがうまい。オーストラリアに来て初めての卵だ。
例の赤い奴(赤いカブの漬け物みたいなモノ)が入っていた。
客はトラックの運ちゃんらだ。

上りになった。
非常に緩やかでニュージーランドの峠に比べればたいしたことはない。
しかし、しばらく怠けていたため、すっかり足パワーは無くなっておりとても辛い。
タイヤも1.5インチにしたのに初日からローギヤで休み休み上っていく。

峠にRest Areaがあった。
標高300m。リンゴを食べ休憩、やっぱりフルーツは元気回復によい。

そろそろ夕方、宿泊はどうするか?大きな町はない。
ニュージーランドは小さくても何かしらあるのだが、オーストラリアは何もなかったりする。

疲れがピークに達した。
甘じょっぱい物が欲しい。

コーラとスニッカーズを買う。

1993年のバイクツーリングでもよく食べたな。
コーラは疲れがとれる。

この街から5km程鉄道を越えBargoの入り口ぐらいBPがあり、
砂利屋があった。

その向かい側林の中へダート道が続いていたので入っていく。

向こうには大きな設備があり、機械的なゴーゴーというすごい音。
捨てられた車があった。車の轍跡は無い。
少し平らな道の上にテントを張る。

あれから5年。
皮肉にもあの時と同じテントとストーブを使っている。

使い慣れていて壊れなければそれで良い。
部品交換してメンテしたXGK-Ⅱもすこぶる調子よく、すぐに湯が沸かせた。

とても疲れた。
コーラ・チョコ・紅茶とチョコ、、少しずつ少しずつ元のペースに戻していこう。
S34’14.07 E150’34.72

人気ブログランキングへ


オーストラリア旅行 ブログランキングへ


大きな地図で見る

HOME:OUTBACK AUSTRALIA アウトバック・オーストラリア