1998/06/03 Chinatown

チャイナタウン近くにある床屋に入る。
20分、$5、安くていい。下手くそでもない。

しかし、最後の仕上げに油を塗られたのには、まいった。
中国人のおっさんみたいになった。

It goes into the barber near the Chinatown.
20 minutes and $5 — it may be cheap.
He is not poor, either.
However, although oiled by the last finish, it went.
It became like the Chinese man.

ロックスを歩く。ケンドーン、チャールズビリッチの絵を観る。
土産物を買い、ポストカードやエアログラムなどと共に日本へ送る。

昔ヨーレイカのテントを買った店で燃料ボトル、ネットになった
シャワーセット袋、ヘッドランプの球を買う。
現金が$20も残っていない。
ちょっと使いすぎだ。

白人が部屋に来た。
彼はオランダ人で明日はシンガポールへ行き、その後タイへ行くという。
もう一人はVICのBrightという町から来た日本人Shin。
高校で日本語教師のアシスタントをしている。

今回は友人がシドニーに来たので休みをとって会いに来た。
彼から冷えたVBのボトルをもらう。

ずっと禁酒・禁煙していた体に染みいった。

彼との出会いは、この後に大きな影響を与えることになろうとは、
まだこの時は予想にもしていなかった。
–1998/06/03