1998/06/01 怖い街Sydney

深夜ホテル内で暴れている奴がいて起きてしまった。
とんでもない大声で叫んでいる。

「give me the key!」 とか 「Fucking!」とか
連発してドアを叩いている。

cb hotel room

しばらくしてあきらめて帰ったようでほっとした。
はやくこのホテルを出ようと思わざるを得ない。

There is the fellow who is rioting in the hotel at midnight, and he has got up.
It has cried in the surprising big voice.
“give me the key”! “Fucking”
it fired in rapid succession and has struck the door.
It gave up after a while, and he felt relieved as it returned.

銀行でT/Cを両替したり、ポストカードやエアログラムを書いたり、
日本からの補給物資の点検をしたりと忙しい。

シドニー大学でKojiと会う。
彼とは、1994年にニュージーランドのクライストチャーチの
チャーリーB’sというバックパッカーでで知り合った。

当時私はオートバイツーリングをしていた。シドニー港が
ストに入ったため、クライストチャーチへ送ったセローが
なかなか届かずおよそ1ヶ月半も待っていたのだった。

Kojiは地元の高校で日本語教師をしていたが、よく宿に遊びに来ていた。

日本語の雑誌をたくさんもらった。
昔は日豪プレスしかなかったのに、今はスポーツ新聞みたいのや、
風俗誌みたいなものまでいろいろある。
せっかくもらったけどアウトバック情報は何も載っていなかった。

大学は6/21で終わりそれから仕事探しを始めるということだ。
いまは毎日論文を書いていて、大学と寮、それから図書館を
行き来するだけでまったく外出する暇がないそうだ。

シドニーの治安は年々悪くなる一方で、チャイナタウンでは中国系と香港系の
マフィアの対立でのピストル発砲事件や斧を持った狂った男が何人も人を
殺したり怪我をさせたりという話を聞いた。

週末は一人で飲みに行かない方がいいとも忠告を受ける。
どうしても行きたくなったら、自分が大学の友人でごつい奴を
連れていくよ、という。

–1998/06/01

人気ブログランキングへ


オーストラリア旅行 ブログランキングへ