1998/05/30 Sydney到着

ムッとする生暖かい空気が体を包みこんだ。
なにやらいろんなモノが混じったような臭い。

他民族の国。

ニュージーランド南島の後ここ懐かしのシドニーにやって来た。

Lukewarm air wrapped in the body.
A smell with which some various air was mixed.
The country of other races.
It came to here old favorite Sydney behind New Zealand.

1993年4月に初めてシドニーに来た。

ホームステイして英語学校に行ったり、フラットで共同生活をしたり
バイトをしたり、またここから2回バイクツーリングに出かけた。
この町には延べ6ヶ月住んでいた。

空港では犬がクンクンとバックにまとわりつき、食料がないかチェックを受けた。
機内に持ち込んだのはフロントのサイドバックだった。

これにはいつも食料を入れていたし、出発直前にオークランド空港では
このバックに入れていたリンゴとゆで卵を食べていた。

自転車は係りの人が別に運んで来てくれた。
犬以外は荷物チェックも無く、スムーズに入国できた。

空港内にはトーマスクックしか両替所が無く、せっかく日本で作ってきた
ANZのT/Cは$4手数料を取られてしまう。
そのため少し残っていたNZ$40の現金を両替した。

シドニー大学にいる友人Kojiの薦めたCBホテルに電話してみる。
シングルは$34、ドミトリーは予約出来ないという。

すでに外は夕焼けでもう日が暮れかかっている。
シングルは高いがしょうがない、とりあえずシャトルバスに乗り込み
そのホテルまで行く。

バスはなかなか出発してくれなかった。客が僕一人だと儲けがないからだろう。
5人くらい人が集まりやっと出発したのは25分後、
ホテルに着いた時にはもうすっかり暗くなっていた。

CBhotel
CBhotel

ドミトリー$18、キーデボジット$10を払いチェックインする。
部屋には、2段ベッドが2つある。

雑誌や新聞、飲みかけのコーラ、ミネラルウォーター、
ビールなどで散らかっている。
灰皿いっぱいの吸い殻、ここは喫煙可なのだろうか?

掃除のおばちゃんが来た。掃除は何もせず、シーツを取り替えていくだけだ。

「部屋を出るときはちゃんとドアをロックしていかないと、全部なくなっちゃうよ。
本当だよ。私はここでもう3年間も働いているんだから。」

チャイナタウンを歩く。
街のあちこちがずいぶん変わっている。

どこもかしこも2000年に開催されるオリンピック目指して工事ラッシュのようだ。
昔よくメシを食いに行ったあのコリアンBBQの店にはまだあのおばちゃんがいた。

Kojiにまた電話するが留守だった。
Wendyにも電話、明日13時にそちらへ行くと伝える。

彼女には日本からの補給物資の受取人になってもらったのだ。
シドニーの治安はまた悪くなったようだ。

公衆電話は壊れているのがよく見られる。
受話器がポッキリと折れているモノもあった。
僕は40セント飲まれてしまった。
これからはホテル内の電話を使おう。

ホテル隣にはセブンイレブンがあった。
驚いたことに24時間営業だ。
深夜営業するなんて勇気があるなあ。

部屋に戻ると中国人のおじちゃんが立ったまま新聞を読んでいた。
仕事でも探しているのだろうか。

自転車のこと、短波ラジオのことなどいろいろと聞いてくる。
中国人はあまり旅はしないからだろうか。

11時半に寝る。
疲れた1日だった。–1998/05/30

Kojiとは、1994年ニュージーランドのクライストチャーチで知り合った。
一番安かったチャーリービーズという、バックパッカーズに滞在し
シドニーから船便で送ったセロー225を待っていた。
シドニー湾の労働ストで、船の到着がいつになるかもわからず
悶々とした日々を送っていた。
その宿でよく一緒に酒を呑み、旅やニュージーランドのことを毎夜
遅くまで語り合った仲間の一人だ。
当時彼はニュージーランドで日本語の先生をしていた。
その後さらなるキャリアアップを狙って、1998年シドニー大学に留学していた。

人気ブログランキングへ


オーストラリア旅行 ブログランキングへ