Riding wear

1.ヘルメット アヴァンティ (AVANTI AirTec)

自転車 ヘルメット

クライストチャーチの自転車店で購入。NZ$39.95
オーストラリア・ニュージーではヘルメットの着用は義務づけられている。
持ってない人は現地で買う方が安く種類も豊富。

最近では日本でも被っている人をみかけるようになったが、
まだそれほど普及しているとはいえないようだ。

日本ですでに使っている人はそれをもっていけばいいだろう。
そうでない人は現地に到着してから、購入すればいい。

ニュージーランドで自転車を買うときには、基本3点セットがある。
それは、自転車本体・ワイヤーロック・そしてヘルメットだ。

私は最初に到着したニュージーランド南島のクライストチャーチで購入。
ちなみに、このヘルメットは日本ではみたことはないが、
現地ではとてもポピュラーなブランドだ。
アヴァンティは向こうではメジャーなバイクブランドで
フレームもよく見かけた。

ヘルメットの後部には黄色の反射ステッカーを2枚貼った。
グローブは2種類使用した。上が自転車用で下はモトクロス用。
どちらも手のひらには穴が開いてしまった。
しっかりと手になじんだグローブは穴が開いても捨てられなかった。

2.ライディングパンツ

ショート ラフ&ロード・アンダーパンツ?
ラフ&ロード川崎店(川崎市中原区)
腰骨保護用に横にもパットがある。

ロング  チーマ(CIMA)これはNZブランド。
クライストチャーチの自転車店で購入。NZ$65。

3.R&R ゴアテックスライディングシューズ
ラフ&ロード川崎店(川崎市中原区)で購入。

ゴアテックスシューズ

ペダルはトゥークリップを取り付けた。
ビンディングタイプだと壊れてからが困るのと、それ用のシューズでは歩きが辛い。
また砂、泥のアウトバックでのことを考え、トレッキングタイプがいいと思い、
それまで使っていたシューズで行った。
ゴアテックスだと足が直接は濡れない。雨の多いニュージーでは楽。

底のゴムは半分以上すり減り、ゴアは中で破れ、右足外側の一部も
破れている。

スポーツサンダル  韓国製、溝の口のイトーヨーカドー?で購入。
町歩きやキャンプ地で使用。
また一番暑かったオーストラリア・クイーンズランド州では走行中も履いた。
ケアンズではこれを履いてカジノにも行った。
パッと見、ズボンを履いているとこれが靴にも見える。

4.グローブ

スペシャライズド Specialized 自転車用。
手の平の厚くて柔らかい皮がとてもいい。
たまに洗うと真っ黒な水が絞り出せた。
毎日相当量の汗を吸っていた。

モトクロスグローブ AXO SPORT 8series
ラフ&ロード川崎店(川崎市中原区)で購入。
寒い時や雨の日に使用。手の平の付け根には穴が空いてしまった。
帰国後に気が付いた。

5.モトクロスジャージ

ridingwear

MSR system 6  ラフ&ロード川崎店(川崎市中原区)で購入。
オーストラリア・ニュージーランドは世界でも1・2位を争うほど紫外線が強い国だ。
日本の夏の日差しなど比べ物にならないで、すぐに日焼けで真っ黒になる。
肌の色が白い人種だと皮膚ガンになる場合もある。
暑い日でも風は冷たいことが珍しくないのと、日焼け防止のため
ほぼ毎日このモトクロスジャージを着ていた。
メッシュで通気性が良く、洗濯してもすぐ乾く。
自転車用の物のように肌にぴったりではないのも自分好みだ。

6.ウィンドブレーカー

windbreaker

WILDERNESS これは1994年クライストチャーチで購入。
ニュージーのアウトドアブランドの物。
裏返して内ポケットに入れるとウェストバックになる。
コンパクトで便利だったが2000年ころ、東京国立駅近くの下り坂で
転倒してしまい左肘部分が大きく破れてしまった。
これに代わるいい物、ないだろうか。

windbreaker

内ポケットに畳んで収納するとこの通りウェストバックになる。
小さいがちゃんとベルトもついているので腰に着用できる。
収納袋だがサイフとタバコ、パスポートくらいなら入れることが出来る。

バックパッカーズなどで町に滞在しているときは、いつも腰にまいていた。
風が冷たいニュージーランドでは、暖かい日でも少し曇ってくると寒くなる。
そんなときすぐに上着になるので、とても便利だ。
小さいがとても重宝した。

左はいつも使っていたウェストバック。
このウェストバッグには、メモ帳・ペン・カメラ・予備フィルム・
GPS・パスポート・財布・サングラスなどを入れていた。
走行中は後ろにまわし、サドルのすぐ後ろに縛っているテントの
上に載せるようにしていた。

7.レインウェア

モンベル mont-bell STORM CRUISER MEN’S GORE-TEX
myx(横浜市神奈川区?)で購入。

スパッツ メーカー不明品。 IBS石井スポーツ(横浜市鶴見区)で購入。

雨の日に靴の上から付け、その上からゴアのレインウェアを履いた。
これで雨で足が濡れることは無かった。
雨が多いニュージーランドではレインウェアは重要である。
気温も一気に5?10度くらい下がる。
足をずっと濡らした状態で1日中走っていると体も冷えてくる。
フードをかぶり、その上からヘルメットを着ければ頭も濡れずに済む。

人気ブログランキングへ


オーストラリア旅行 ブログランキングへ