キャンプ道具 canping tool

1.テント

・マジックマウンテン2人用(ニュージー南島で使用) 池袋SRCで購入。
出国時に持参したテント。
やや大きめだったが、毎晩キャンプか野宿ではゆったりと
休むことが大事だと考えた。
日本で3年ぐらい使用した物で使いやすく気に入っていたが、
天井部分の縫い目がほどけて雨漏りがしてくるようになり、
ニュージー南島のみの使用となった。
原因は日本でのライダー野宿宴会で、酔っぱらい連中がテント内で
寝ようとしているところへテントダイブしたためだ。
バイクやキャンプ道具を乱雑に扱うライダーは、はっきり言って
好きになれない。

・ヨーレイカ1人用(オーストラリアで使用)
1993年シドニーのアウトドアショップで購入。
このテントは、1993年のオートバイツーリング時に使用した
2つ目のテント。

南島で最初のテントが壊れたので荷物管理をやってもらっていた
東京の友人に他の補給物資と共にシドニーに住む台湾系オーストラリア人
の友人宛に送ってもらった。

とても小さくて軽いが風には弱い。
しかももう大分使い込んでいたので、出入り口のファスナーは
おかしくなり、ついには閉まらなくなってしまった。
これは粒子の細かいアウトバックの砂のせいだ。

・グレートアウトドア2人用(ニュージー北島で使用)
オークランドのアウトドアショップで購入。
ヨーレイカテントと同じタイプで2本ポールの吊り下げ式カマボコ型テント。
ヨーレイカが小さかったのでまた少し大きめの物に戻った。
これも少し風に弱いようだった。
北島は短期間しか走らなかったのでこのテントはあまり使わなかった。
帰国後このテントは、寺崎勉さんにあげた。

・現在使用中のテント
THE Great Outdoors 2-Lite 2~3人用。
NZ$249(当時のレート$1=約65円)
ニュージーランド北島の都市オークランドで1998/12購入。
横向きで出入り口が両側にあり、なかなか広い。

2.寝袋
・Tianshan コンパクトフロントジッパー
IBS石井スポーツ(横浜市鶴見区)で購入。
ダウン350g、その名の通りコンパクトになる。
冬のオーストラリアNSW州とVIC州の山岳地帯ではとてもこれではゆっくり
休めなかった。
しかしこの大きさで以外と暖かいので自転車旅には向いているだろう。

3.カスケード・リッジレスト・マット カスケード・リッジレストショート
・リッジレスト IBS石井スポーツ(横浜市鶴見区)で購入。
銀マットのように真っ平らではなく、波形で柔らかく使いやすい。
長さは1.2m。
もっと長い物もあるようだが、身長163cmの私なら肩から膝くらい
までが充分カバー出来る。
マット用の袋を2重にし、それをテント袋とマジックテープで一つに
してリヤキャリアに積んだ。

4.ストーブ・・・XGK ストーブ
・MSR、XGK?・  1993年シドニーのアウトドアショップで購入。
1993年オートバイツーリングで使用していたオプチマス8Rが壊れたため、
購入した物。
いまだに赤ガス(普通のレギュラーガソリン)しか入れたことはない。
燃料ボトルと別体式なのでコンパクトになり、またボトルの容量も自由に出来る。
構造が簡単で分解掃除が出来る、交換パーツのみの販売もあるため
ロングツーリング向けだ。

欠点は弱火が効かない、音がめちゃくちゃうるさい、プレヒートが必要など
初心者には向いていないと言える。
1998年のニュージーランドサイクリングでは南島一周中に調子が悪くなった。
交換パーツを次の目的地であるシドニーへ送ってもらい復活。
かれこれもう300泊以上このストーブとは旅をしている。
交換パーツがある限り、これからもずっと使い続けるだろう。

・燃料ボトル MSR Fuel Bottle 650ml
IBS石井スポーツ(横浜市鶴見区)で購入。
MSR/フューエルボトル 325ml MSR/フューエルボトル
これに燃料となるガソリンを入れ、フレームのボトムに取り付けていた。
Unleaded petrol=普通の無鉛ガソリン。
昔は日本でも有鉛ガソリンを売っていたが、今現在そんなガソリンは売っていない。
しかし、1998年当時、オーストラリア・ニュージーランドでは、有鉛ガソリンがまだ
売っていた。
日本のオートバイ、ガソリンストーブには、無鉛ガソリンを使用する。

5.コッフェル(鍋、食器類)
・エヴァニュー   小&中の2個を重ねて間には日本手拭いを挟む。
直接鍋同士が擦れないようにしている。アルミ製?。
・マグカップ    チタン製2重構造でとても軽い。
保温性はいいのだが、飲み物の色が染みていくのは何故だろうか?
・スプン&フォーク チタン製。出発前に飯盒君からもらった物。
そのセットにはナイフもあったがそれは持っていかなかった。

・シェラカップ
チタン製だったな、確か?昼飯時やおやつ休憩の時直ぐ出して、湯を沸かしていた。

・フライパン
これはエヴァニューの鍋と一緒にセットになっていた物だった、かな。

・ナイフ
ビクトリノックスのキャンピング。ナイフよりドライバーをよく使っていた。

・ナイフ2  レザーマン。
普通のナイフを食用に、波形ナイフを紙や木など作業用として使っていた。

6.浄水器 Sweet Water   上野 OD BOX で購入。
水の悪いアウトバックのことを考えて1万円も出して買っていった物。
しかしこれが役に立たなかった。全く浄水できないというわけではなく、
継続して使い続けることは無理ということ。
あくまで非常用として考えておいた方がよい。
カタログデータでは1分で1リットル、200ガロン(米式1ガロン=3.785リットル)
が浄水出来るようだ。

アウトバックの濁り水を10リッターも浄水すると、もうフィルターは褐色になり
濾過する機能はなくなってしまった。
無駄な荷物になっただけだった。

人気ブログランキングへ


オーストラリア旅行 ブログランキングへ