tool spare parts 工具・スペアパーツ

1.工具類

・六角レンチ   PB 4mm,5mm,6mm 各1本。
片側は丸くなっていて30度くらいの傾きでも使用出来るものが便利。
・両口スパナ   8×9、10×12 各1本。 厚さが2.5mmくらいの自転車用。
・モンキースパナ
・フリー抜き   SHIMANO TL-HG16 使うことはなかった。
・ニップルレンチ 前後それぞれのスポークを締めているニップルのサイズは違う。
自分自転車のサイズは確認しておこう。
・ステン針金   バイク用品店にあった物。
・チェーンオイル クライストチャーチで購入。
PEDRO’S SYN LUBE ROAD アメリカ製。
・グリス     フィルムケースに入れていた。漏れてきたことは無い。
・空気入れ
持っていったポンプはオーストラリアでの連日のパンクで酷使したため、
パッキンがゆるくなり圧力がかからず昇天。
ケアンズでWRENCH FORCE を購入。
長さ約33cm、米式、仏式、タイヤレバー、簡易パッチ付き。

・パンク修理道具 パッチ各種、ゴム糊、ギザギザした金属片。
パッチはよくあるセット物と幅広く長い物を持った。
アウトバックでは毎日パンクしたのでセットの丸い物は無くなり、
夜テントの中で幅広いパッチをハサミで丸く切るのが習慣化していた。
ゴム糊はチューブと缶入りを持った。

チューブ入りはオートバイツーリング時に1度も使わずに破れて空気にふれ、
固まってしまい使えなくなった経験があったので念のため缶入りも用意した。
ところがチューブタイプがずっと使えたので缶入りは荷物になっただけだった。
未だに1度も蓋を開けたことはない。

2.スペアパーツ
・チューブ
1~2本。欲しいときに無かったりした。
・タイヤ
オーストラリアのみ持参したが、安タイヤがすぐダメになりアウトバックの
ダートを前後セミスリックタイヤで走るはめになった。
インナミンカ滞在中に途中でお世話になったビクトリア州ブライトの家からタイヤと
チューブを送ってもらった、が時既に遅し、、?。
その後あまりダートは走らなかった。
・ブレーキシュー 1組持っていれば安心。どこの町のバイクショップでも手に入る。
Vブレーキも大型店ならある。
・スポーク&ニップル サドルを外してそのフレームの中に仕込んだ。使うことはなかった。

パンク修理セット

パンク修理セット
この箱は1993年のオートバイツーリング時にアリススプリングス?
で購入したもの。金属片は下ろし金にも使えそう。
右にある四角いパッチをハサミで丸くカットして使う。

工具一式

自転車 工具

右上より、レザーマンツール・針金・ビニールテープ・フィルムケース
に入ったグリス&予備ボルト・フリー抜き

スパナ・ニップル回し・六角レンチ
チェーンオイル・軍手・缶入りゴム糊・メンテ用歯ブラシ・ニップル
サイクルコンピュータ予備パーツ

赤い袋によく使う工具を入れ、残りを青いバックに収納。

スポークはサドル下フレーム内にビニールでくるんで隠す。
撮影し忘れた物が他に、モンキーレンチ・スポーク・
タイヤ&チューブ・ブレーキシュー。

空気入れ エアーポンプ

空気入れ ポンプ

オーストラリア内陸部の毎日パンク修理で酷使した空気入れが壊れた
ためケアンズで購入した2号機。
米式(オートバイと同じ口)、仏式に対応出来る。
私は普段オートバイにも乗っているので、チューブは米式を愛用。

後部、柄の部分はタイヤレバーになっている蓋を外すと
このように直角になり力を入れやすくなる。
また柄の中には簡易式のベタベタしたパッチが2枚だけ
入っている。