自転車・NISHIKI-MR

nishiki-MR
nishiki-MR

ニシキ最終モデルのマウンテンバイク。サス無し、アルミ7000フレーム。
旅の途中交換したパーツはタイヤ、チューブ、ブレーキシュー、チェーン。

高いバイクが長持ちするとは限らない。
サスは魅力的だが荷物が多いことと単車でも疲れるほどのあの洗濯板ロードでは、
MTBのサスでは簡単に壊れてしまうと思う。アウトバックでは修理不可能だ。

出発前にリムバンドをパナレーサーの物に交換、
タイヤはFパナレーサーマッハSS、RパナレーサーマッハSNでスタート。

フレームにはキャリアの他に1.5Lのボトルホルダーとストーブ燃料用
650mlのボトルホルダーを取り付けた。

またサドルを外し、そのフレームの中に予備のスポークを10本ぐらい
入れておいたが、使うことはなかった。

ニュージーランドは盗難が多く、自転車のホイールやサドル
だけでもよく盗まれることがある。
そのためサドルとフレームをワイヤーで繋ぎ、小型の南京錠でロックしておいた。

おおげさだと思われるかもしれないが、サドルだけ盗まれたという
日本人にも会ったし、自転車そのものを盗まれたという人は何人もいた。

町中では必ずワイヤーロックで車輪とフレームをからめ、
歩道の柵やポールなどと繋ぐことを心がけた。

人気ブログランキングへ