Waltzing Matilda  歌詞の日本語訳

Waltzing Matilda  ワルシングマチルダ
歌詞の日本語訳

ある日陽気なスワッグマンがビラボンのユーカリの下で野宿をしていた。
歌をうたいながらビリーティーが沸くのを待っていた。
旅をしないかい?放浪しないかい?俺と一緒にマチルダを担いで、、。

ビラボンに羊が水を飲みに来た。大喜びでジャンプしてその羊を捕まえた。
歌いながらそいつを食料袋に詰め込んだ。
旅をしないかい?放浪しないかい?俺と一緒にマチルダを担いで、、。

そこへスクウォッターが馬にまたがりやって来た。警官も3人来た。
「おまえの袋の中の羊は誰のだ?」
旅をしないかい?放浪しないかい?俺と一緒にマチルダを担いで、、。

スワッグマンはビラボンへ飛び込んだ。

「お前らなんかに捕まるもんか!」

と言い残して、、。

ビラボンの辺では彼の幽霊の声が聞こえるのさ。
旅をしないかい?放浪しないかい?俺と一緒にマチルダを担いで、、。

警官に捕まるくらいならビラボンへ飛び込んで死んだほうがマシだという
権威に反抗する姿勢が歌われている。

今でもオーストラリアでは強い者や権力者に対しての反抗心が強いように感じる。

それはこの国の歴史が囚人の命を張った開拓から始まったことに
起源するのかもしれない。

弱い者いじめを嫌い正義感が強く逞しいのがアウトバックのオージーだ。
だから権力に逆らい警官と銃撃戦をおこなったブッシュレンジャー
Ned Kelly は今でもオーストラリアの永遠のヒーローだ。

たった一人自転車で大陸縦断を目指し、バーク&ウィルズのルートを
走っていた私にも多くの人が声をかけてくれた。

内陸の辺境の地インナミンカではこう言われた。

「ここには14人しか住んでいない。お前は15人目の住民だ。」

パブに行けば何も言わなくても好みのビールを差し出してくれる。

この時初めて私はマイトシップの本当の意味を知った。
開拓者同士の強い繋がり、絆、友情、それがマイトシップだ。

Mate = Friend とは違うのだ。

ここにはオーストラリアの原風景がある。
スワッグマン・ビラボン・ビリー・ジャンバック・タカバック・スクウォッター
オージー気質、風景、心情、
この歌が今でも多くのオージーに愛されているのが少しは解って頂けただろうか。

アウトバックで一人旅を続けているうちにこの歌の本当の意味がわかってきた。
自分が、今まさに、その原風景の中にいる。

そこには今にもスワッグマンがたき火をしているようなビラボンがあった。
辺境の地を守り続けている開拓者がいた。
弱い者を見つけるとほったらかしにできないやさしいオージーがいた。

またあの赤い大地を走りたい。
あの無骨で格好悪い親父に逢いたい。
砂にもがき苦しみ、水や食料の心配をしながら走ったというのに、

帰りたい。

なぜだろう。

なぜ、私はあの何もない恐るべき空白と呼ばれる
乾燥だけの地に帰りたいのだろうか。

Waltzing Matilda,Waltzing Matilda,You’ll come a Waltzing Matilda with me?


オーストラリア旅行 ブログランキングへ

HOME:OUTBACK AUSTRALIA アウトバック・オーストラリア