Waltzing Matilda オーストラリア英語が満載

Waltzing Matilda ワルシングマチルダ
オーストラリア英語が満載。その意味を紐解く。

英語(米語)が出来る人でもこの歌詞を理解することは難しいだろう。
まずタイトルの意味も解らない。

Waltzing はワルツの進行形ではあるが、
ワルツとは全く関係なく「放浪する」と意味である。

Matilda はスワッグ swag の事。これは寝袋の表面の生地がとても丈夫で
分厚い携帯用寝具で夜になるとそのまま地面の上に広げて潜り込んで寝るのだ。

脱いだ服は頭の部分に入れ枕となる。
今でもオーストラリアのキャンプ用品店へ行けば購入可能である。

実際にこのスワッグだけをバイクのリアシートにくくりつけて
旅をしているオージーを何度か見たことがある。

このマチルダを背負い牧場から牧場へと職を求めて放浪していた男達のことを
「スワッグマン」「スワッギー」「ブッシュマン」
と言うのだ。

私がアウトバックの辺境の町インナミンカで停滞を余儀なくされていたある日のこと
店のおじさんからこういわれた

「おまえは立派なブッシュマンだ」と。

jolly swagman 陽気なスワッグマン。

billabong 先住民族の言葉で「死んだ水」という意味。
アウトバックでは雨が降ると涸れていたクリークは濁流となり、
道はその水で溢れ通行不能になる。
天気が回復して水が干上がっていくと、窪んだ所や木の多いところに
だけ水たまりが出来る、
それがビラボンだ。

coolibah tree その水場に生えている木がそれだ。
つまりユーカリの木である。これも元は先住民族の言葉。

billy boiled
スワッグマンはマチルダを肩に担ぎ、ビリーと呼ばれるブリキのやかんを
持って旅をしていた。
それで作るのがビリーティーと呼ばれるものだ。
乾燥した内陸部での夕暮れに飲むビリーティーは身に染みる。

jumbuck
先住民族の言葉で元々はにわか雨の前に見られる白いもやのことで、
これが羊の群に似ているので羊という意味。

tuckerbag tuckerは食料のことなのでこれは食料袋となる。

squatter  大牧場主のこと。
スワッグマンは彼らに雇われて生活費を稼いでいた。
しかし中には夕暮れ近くに牧場にやってきて夕飯とベッドを頂き朝方には
ドロンする輩やただ物乞いするだけの輩もいて嫌われ者だった。
また家畜を盗んで食べたりもしていたので、スワッグマンとスクウォッター
の間には争いが絶えなかった。


オーストラリア旅行 ブログランキングへ

HOME:OUTBACK AUSTRALIA アウトバック・オーストラリア