Ned Kelly

ブッシュレンジャー、ネッド・ケリー、Ned Kelly

It was the movie which was looking forward to when being opened to the public in Japan after public presentation in Australia.
However, in Japan, it was not opened to the public at last.
It finds and purchases having been dumped by DVD wagon sale.

オーストラリアで公開後、いつ日本で公開されるのか楽しみにしていた映画だった。
しかし日本ではとうとう公開されなかった。
既にハリウッドスターになっていたオーストラリア人のヒース・レジャーが
ネッド・ケリーを見事に演じている。

DVDワゴンセールで投げ売りされていたのを見つけて購入。

050820nedkelly

ブッシュレンジャー、Ned Kellyは日本ではまったくの無名だが
オーストラリアでは彼を知らない者はいない。

1855年、ビクトリア州東部の農家で八人姉弟の長男として生まれた。
父親のレッド・ケリーは家畜泥棒による元囚人であり、母親エレンの
生家クインもアイルランド系流刑者であったため、厳しい警察の監視下にあった。

16歳の時に馬泥棒のえん罪で投獄される。

出所後も警察や権力者からの偏見は変わらず
彼は弟と仲間2人の4人でケリー・ギャング団を結成。

当時、整備されていた電信線や鉄道を襲撃したり
銀行やスクウォッター(大地主)を襲い金品強奪、土地の契約書を破棄、
彼らは盗んだ金品を貧しい人々へ渡していた。

決して人を殺すことはなかったが、ある日警官隊との
銃撃戦で警官を撃ち殺してしまった。

ビクトリア州ではもっとも有名なお尋ね者となり、懸賞金がかけられた。
警察はメンツを賭けて、ケリーギャング団を探しまわったが
なかなか見つからない。

深いアウトバックの原野(ブッシュ)へ逃げ込んでいく
強盗団は、地の利を活かし、容易に警察から逃げ続けていた。

ブッシュへ逃げていたので、ブッシュレンジャーと呼ばれていた。

開拓民たちからみて、ヒーローであった彼らを警察から匿う者も
いて、食料や隠れ家には困る事が無く警察から逃げ延びていた。

Glenrowanで警官隊との最後の銃撃戦。
ホテルに火を付けられリーダーのネッド・ケリー以外は皆死んでしまった。

そして彼は最後にこう言い残し、オーストラリア人で
最初の死刑囚となり絞首刑で死んだ。

「Such is Life…」
(人生なんてそんなもんさ、、)

ネッドケリーのデスマスクは、メルボルンの刑務所跡と
ビーチワースの博物館で見る事が出来る。
ビーチワースには、ネッドケリーが初めて投獄された独房。
死刑を宣告された裁判所がある。
また鍛冶屋に作らせたという鎌や鍬で作られた鎧(アーマー)も
展示されている。その表面には、実弾での銃撃戦の跡が生々しく残っている。

またこのビーチワースの警察官であったロバート・オハラ・バークは
バックランドで起きた中国人労働者の襲撃事件にいち早く駆けつけた
勇敢なる警察官で、のちのオーストラリア初の大陸縦断を果たした
悲劇の探検隊の隊長となった人物である。

オーストラリアのゴールドラッシュでメルボルの人口は爆発的に急増。
警官も教師も仕事を投げ捨てて、一攫千金のためベンディゴ、バララット
バックランドへと行ってしまう。
メルボルンには飲み屋と売春宿が立ち並び、犯罪も多く治安も悪くなっていた。

前科者や貧しい開拓者の中には、強盗や窃盗を繰り返し、ブッシュへ
逃げ込んで生き延びる輩がいた。

やがてゴールドラッシュが収まると人々は平静を取り戻し、以前の生活に
かえっていった。
忘れられていた探検隊の捜索が開始され、たった一人の生き残りジョン・キングが
メルボルンへ生還してきた。

1861年9月15日:ハウィット隊が唯一の生存者、ジョン・キングを発見。
1863年1月23日:バークとウィルズの探検家たちの州葬がメルボルンで行われた。

やがてビクトリア州各地で暗躍していたブッシュレンジャーも姿を消していった。
ネッド・ケリーの時代、それはゴールドラッシュ終焉と
ブッシュレンジャー最後の伝説だ。

彼は今でもオーストラリアのヒーローだ。

1880年10月:ネッド・ケリーに死刑宣告
1880年11月11日:絞首刑 ネッド・ケリー享年25歳。


オーストラリア旅行 ブログランキングへ

HOME:OUTBACK AUSTRALIA アウトバック・オーストラリア