1998/06/04 最後の晩餐

今日こそは出発するぞと思ったが、雨は止んでくれない。
気落ちしてコーヒーをすする。またも沈没。

It does not stop raining, although he thought that he would leave absolutely today.
It is disappointed and coffee is sniffled.
It sinks again.
It goes to a large-sized bookstore called DYMOKS.
Here, it was outback and a with a 4WD-related of about 20 book.

DYMOKSという大型書店に行く。

ここにはアウトバック、4WD関係だけでも20くらいの本があった。
どれもこれも欲しいモノばかりだが、そうはいかない。
Rest Areaの本2冊とGPSポイントの本1冊を買う。
紙は一番重い荷物だけどやむを得ないな。

GPSにインナミンカやThe DIG TREE などのポイントを入力。
地図をいつくも広げてルートの検討、
インナミンカからバーズビルへの道が補給無しでは難しい。
(既にこの出発前から、最大の難所はわかっていた。)

ウールワースへ行く。
時々陽がさす。曇り。もう雨は降らないだろう。

食パン、野菜、マーガリン、リンゴ、ラーメン、ツナ缶等買う。
明日の買い出しは必要ない。

夕方荷物の整理後、日豪プレスを読んでいると朝出ていった日本人が来た。
シャワーを浴びて帰るという。

誰もいなかったら入れなかったのにラッキーな奴だ。

名前は Shin Ohkubo
住所、Telなど教えてくれた。

近くに行って時間があったらよってみよう。

チャイナタウンで最後の晩餐はビーフBBQ。

部屋には誰もいない。
明日出発。

前夜が一人部屋になるとは神様も味方してくれたようだ。
–98/06/04

人気ブログランキングへ


オーストラリア旅行 ブログランキングへ

1998/06/03 Chinatown

チャイナタウン近くにある床屋に入る。
20分、$5、安くていい。下手くそでもない。

しかし、最後の仕上げに油を塗られたのには、まいった。
中国人のおっさんみたいになった。

It goes into the barber near the Chinatown.
20 minutes and $5 — it may be cheap.
He is not poor, either.
However, although oiled by the last finish, it went.
It became like the Chinese man.

ロックスを歩く。ケンドーン、チャールズビリッチの絵を観る。
土産物を買い、ポストカードやエアログラムなどと共に日本へ送る。

昔ヨーレイカのテントを買った店で燃料ボトル、ネットになった
シャワーセット袋、ヘッドランプの球を買う。
現金が$20も残っていない。
ちょっと使いすぎだ。

白人が部屋に来た。
彼はオランダ人で明日はシンガポールへ行き、その後タイへ行くという。
もう一人はVICのBrightという町から来た日本人Shin。
高校で日本語教師のアシスタントをしている。

今回は友人がシドニーに来たので休みをとって会いに来た。
彼から冷えたVBのボトルをもらう。

ずっと禁酒・禁煙していた体に染みいった。

彼との出会いは、この後に大きな影響を与えることになろうとは、
まだこの時は予想にもしていなかった。
–1998/06/03

1998/06/02 Darling Harbour

雨だ。 道が黒く光っている。

Pitt St.をしばらく歩くと左側に地図の店があった。
ここでQLDとSAのアウトバックの地図を買うことが出来た。
近くにあってラッキーだった。

It rains.
The way has shone black.
When he walked along Pitt St. for a while, the store of the map was located on left-hand side.
He was able to buy the map of the outback of QLD and SA here.
It was close and was lucky.

宿に帰ると白人の兄ちゃんが出かけるところだった。
彼の名はアリスタ。オーストラリアに来て20年になる元イギリス人?
Sydneyの南160kmのNowraという町から来た。

以前は会社員だったが今は失業中のようだ。
私の日本での仕事、日本の何処から来たのか、これから何をするのか
など今日はよく話をした。

ダーリングハーバーは昔もいろいろと工事をやっていたが今は
それも終わりに近づいているようだ。

マクドナルドだった場所にSEGAワールドが出来ていた。
暇つぶしに入ってみるがこんな所に一人で行ってもおもしろいわけがない。
また金を無駄に使ってしまった。

タウンホール裏手にあるアウトドアショップで頭から
すっぽり被るモスキートネットを買う。

宿に帰るとアリスタの荷物がなくなっていた。
今朝、よく話をしたのは今日が最後だったからだ。

タウンホール地下にはカツ丼とか売っている店があったと
思い探してみるが見つからなかった。

ウールワースの地下は食品売場になっていた。
ここで買い物していく。

一人部屋になった。

テントを広げ、それに合わせてドカシーを切り余った3分の1を捨て軽量化。

歩きすぎで疲れるのかまだ時差ボケなのか、
流行っている風邪をうつされてしまったのか、、、22時には眠くなる。
–1998/06/02

1998/06/01 怖い街Sydney

深夜ホテル内で暴れている奴がいて起きてしまった。
とんでもない大声で叫んでいる。

「give me the key!」 とか 「Fucking!」とか
連発してドアを叩いている。

cb hotel room

しばらくしてあきらめて帰ったようでほっとした。
はやくこのホテルを出ようと思わざるを得ない。

There is the fellow who is rioting in the hotel at midnight, and he has got up.
It has cried in the surprising big voice.
“give me the key”! “Fucking”
it fired in rapid succession and has struck the door.
It gave up after a while, and he felt relieved as it returned.

銀行でT/Cを両替したり、ポストカードやエアログラムを書いたり、
日本からの補給物資の点検をしたりと忙しい。

シドニー大学でKojiと会う。
彼とは、1994年にニュージーランドのクライストチャーチの
チャーリーB’sというバックパッカーでで知り合った。

当時私はオートバイツーリングをしていた。シドニー港が
ストに入ったため、クライストチャーチへ送ったセローが
なかなか届かずおよそ1ヶ月半も待っていたのだった。

Kojiは地元の高校で日本語教師をしていたが、よく宿に遊びに来ていた。

日本語の雑誌をたくさんもらった。
昔は日豪プレスしかなかったのに、今はスポーツ新聞みたいのや、
風俗誌みたいなものまでいろいろある。
せっかくもらったけどアウトバック情報は何も載っていなかった。

大学は6/21で終わりそれから仕事探しを始めるということだ。
いまは毎日論文を書いていて、大学と寮、それから図書館を
行き来するだけでまったく外出する暇がないそうだ。

シドニーの治安は年々悪くなる一方で、チャイナタウンでは中国系と香港系の
マフィアの対立でのピストル発砲事件や斧を持った狂った男が何人も人を
殺したり怪我をさせたりという話を聞いた。

週末は一人で飲みに行かない方がいいとも忠告を受ける。
どうしても行きたくなったら、自分が大学の友人でごつい奴を
連れていくよ、という。

–1998/06/01

人気ブログランキングへ


オーストラリア旅行 ブログランキングへ

1998/05/31 Wendy

昨日ははやく寝たかったのだが、中国人のおじちゃんが
話しかけ機を逸してしまった。

毛布を2重にして更にそれを2重にしないと寒いよ。
と言っていたがそれほど寒くもなかった。

I wanted to sleep early yesterday.
However, Chinese man addresses and he has missed the opportunity to sleep.
It is cold, if a blanket is doubled and it is not doubled further.
Although said, there was nothing also so cold.

オークランドほどではない。
それより、ぬっとベッドの脇に立っていた白人には驚いた。

はじめ勝手に部屋に入ってきた怪しい奴かと思ったら、上段のベッドに
小さなザックをおいてすぐ出かけて行った。
ずっと2人だと思っていたらこの部屋には3人泊まっていたのだ。

ここはバックパッカーとは違いキッチンが無い。
ただ湯沸かし器とマイクロウェーブ(電子レンジ)はTea Room にある。
しかし今手元にはカップもコッヘルも無い。
セブンイレブンでカプチーノを買い食パンとクリームチーズで朝食にした。

Kojiに電話する。
どうやら寝起きを襲撃してしまったようだ。
明日午後3時大学正門前で待ち合わせの約束をする。

街を歩く。
工事箇所が本当に多い。
今日は日曜だというのに工事中ばかりで歩道もあちこちぶち切れ状態だ。

土産物屋などで暇をつぶす。
店員の日本人女性に自転車で旅をしていると言ったら、大げさに驚いた。
今までそのような話はよく聞いたことがあるが、実際に旅をしている
という人に会うのは初めてだと言うことだ。

昼飯後、自転車を組立てPagewoodへ行く。

Wendyは一回り大きくなっていた。
もう高校3年生だ。

昔は髪を短く切ることを嫌っていたのに、今はショートヘアー。
耳にはピアス、16歳の誕生日にやったという。

そして胸にはペンダント。やっぱり女の子だなあ。

日本からの補給物資はちゃんと届いていた。
彼女のパソコンを借り東京の飯盒くんへメールを出す。

もっといろいろ話をしたかったな。
久しぶりなのにゆっくり出来なくてごめん、僕はこれから
命がけで走らなければいけないんだ。

次ぎに会えるのはいつになるかな Wendy 、僕の妹、元気でな。

–1998/05/31

その後、彼女とはずっと会っていませんが、最近(2011/03)FaceBookで
見つけたので、近況をお互い知ることができました。

1998/05/30 Sydney到着

ムッとする生暖かい空気が体を包みこんだ。
なにやらいろんなモノが混じったような臭い。

他民族の国。

ニュージーランド南島の後ここ懐かしのシドニーにやって来た。

Lukewarm air wrapped in the body.
A smell with which some various air was mixed.
The country of other races.
It came to here old favorite Sydney behind New Zealand.

1993年4月に初めてシドニーに来た。

ホームステイして英語学校に行ったり、フラットで共同生活をしたり
バイトをしたり、またここから2回バイクツーリングに出かけた。
この町には延べ6ヶ月住んでいた。

空港では犬がクンクンとバックにまとわりつき、食料がないかチェックを受けた。
機内に持ち込んだのはフロントのサイドバックだった。

これにはいつも食料を入れていたし、出発直前にオークランド空港では
このバックに入れていたリンゴとゆで卵を食べていた。

自転車は係りの人が別に運んで来てくれた。
犬以外は荷物チェックも無く、スムーズに入国できた。

空港内にはトーマスクックしか両替所が無く、せっかく日本で作ってきた
ANZのT/Cは$4手数料を取られてしまう。
そのため少し残っていたNZ$40の現金を両替した。

シドニー大学にいる友人Kojiの薦めたCBホテルに電話してみる。
シングルは$34、ドミトリーは予約出来ないという。

すでに外は夕焼けでもう日が暮れかかっている。
シングルは高いがしょうがない、とりあえずシャトルバスに乗り込み
そのホテルまで行く。

バスはなかなか出発してくれなかった。客が僕一人だと儲けがないからだろう。
5人くらい人が集まりやっと出発したのは25分後、
ホテルに着いた時にはもうすっかり暗くなっていた。

CBhotel
CBhotel

ドミトリー$18、キーデボジット$10を払いチェックインする。
部屋には、2段ベッドが2つある。

雑誌や新聞、飲みかけのコーラ、ミネラルウォーター、
ビールなどで散らかっている。
灰皿いっぱいの吸い殻、ここは喫煙可なのだろうか?

掃除のおばちゃんが来た。掃除は何もせず、シーツを取り替えていくだけだ。

「部屋を出るときはちゃんとドアをロックしていかないと、全部なくなっちゃうよ。
本当だよ。私はここでもう3年間も働いているんだから。」

チャイナタウンを歩く。
街のあちこちがずいぶん変わっている。

どこもかしこも2000年に開催されるオリンピック目指して工事ラッシュのようだ。
昔よくメシを食いに行ったあのコリアンBBQの店にはまだあのおばちゃんがいた。

Kojiにまた電話するが留守だった。
Wendyにも電話、明日13時にそちらへ行くと伝える。

彼女には日本からの補給物資の受取人になってもらったのだ。
シドニーの治安はまた悪くなったようだ。

公衆電話は壊れているのがよく見られる。
受話器がポッキリと折れているモノもあった。
僕は40セント飲まれてしまった。
これからはホテル内の電話を使おう。

ホテル隣にはセブンイレブンがあった。
驚いたことに24時間営業だ。
深夜営業するなんて勇気があるなあ。

部屋に戻ると中国人のおじちゃんが立ったまま新聞を読んでいた。
仕事でも探しているのだろうか。

自転車のこと、短波ラジオのことなどいろいろと聞いてくる。
中国人はあまり旅はしないからだろうか。

11時半に寝る。
疲れた1日だった。–1998/05/30

Kojiとは、1994年ニュージーランドのクライストチャーチで知り合った。
一番安かったチャーリービーズという、バックパッカーズに滞在し
シドニーから船便で送ったセロー225を待っていた。
シドニー湾の労働ストで、船の到着がいつになるかもわからず
悶々とした日々を送っていた。
その宿でよく一緒に酒を呑み、旅やニュージーランドのことを毎夜
遅くまで語り合った仲間の一人だ。
当時彼はニュージーランドで日本語の先生をしていた。
その後さらなるキャリアアップを狙って、1998年シドニー大学に留学していた。

人気ブログランキングへ


オーストラリア旅行 ブログランキングへ