恐るべき空白 Cooper’s Creek

恐るべき空白に挑む

It travels through Ghostly blank by a pushbike.
It offers the brave men who lost their life to the Australia inland exploration.

オーストラリア内陸探検で命を落とした勇敢な男達に捧げる。
相たずさえて偉大な事業を達成し、死に至るまで相より相助け、
そして共に不朽の名を残した

盟友のロバート・オハラ・バークとウィリアム・ジョン・ウィルズを記念して、、、

Burke and Wills expedition
Burke and Wills expedition

現在では見上げる人も少ないバークとウィルズの銅像。
@Melbourne Cnr Collins St.and Swanston St.

ヴィクトリア州探検隊の隊長及び副隊長として、
1861年6月、クーパーズ・クリークに死す。

死よ、お前のとげはどこにあるのか。
墓よ、お前の勝利はどこにあるのか。
私はよみがえりであり、命である。
私を信ずる者は、たとえ死んでも生きる。

COOPER’S CREEK –Alan Moorehead より一部抜粋。

1851年に、NSW州のバサースト近郊で発見された金に
端を発したオーストラリアのゴールドラッシュ。
その後の10年で、メルボルンの人口は5倍に増え、
教師も警察官も職を捨て
金を求めて内陸部へと行ってしまった。

海外からの労働力として、4万人もの中国人がオーストラリアへ
渡ってきたのも、この時代である。

すでに海からの測量でオーストラリア海岸線の地形は把握されていたが、
まだ人が入植していたのは、シドニー、メルボルン、パースなどの
海岸線の都市のみであった。

オーストラリア人の間でいつの間にか、内陸には、海がある
(内陸部でカモメが見られるから、そう思われたのもしれない)
もっと牧羊地として適した、広大な手つかずの土地がある、、

いよいよ人々は、内陸部への欲望を実現の行動に移していく。
いつくもの探検隊が、まだまったくの未知の世界である内陸部へと
すすんでいった。

そこは、Ghostly blank 恐るべき空白 と呼ばれた。

Gold rush of Australia which stemmed from the gold discovered in the Bathurst suburbs of the State of NSW in 1851.

The population of Melbourne increased by 5 times and the teacher and the policeman have performed the job to inland in quest of wasted money in ten years of after that.

As the labor force from overseas, it is also this time that the 40,000 people thing Chinese has gone over Australia.

Although the geographical feature of the Australia coastline was already grasped by the survey from the sea, it was only a city of the coastlines, such as Sydney, Melbourne, and Perth, that people had still settled.

In inland, the sea is located unawares by Australian.
(Since a sea gull is seen inland, having been considered so is not found, either) There is land untouched [ vast ] which was more suitable as grazing land,

People put the desire to inland into action of realization still more.

It was and the thing expeditionary party who sticks still went to the inland which is the entire strange world.

It was referred to as Ghostly blank there.





オーストラリア旅行 ブログランキングへ